視力測定で意識しておいてほしい「調節ラグ」について

 

今回は「調節ラグ」が関連する話題をとりあげます。近視の進行に調節ラグが関係しているとの示唆があります。調節ラグと近視進行の関係及び調節ラグの測定法について紹介します。

<調節ラグとは>

近方の視標を明視するとき、調節反応量が調節刺激量よりも少なく、この両者の間の差をいう。(眼科学辞典より)

 

続きを読む

さぁ困った!?オートレフ値なしで測定した強度近視のお客様事例

 

「あなたに合うメガネは作れません」と眼科や眼鏡店に言われて訪ねてきた方を対応した際のお客様事例です。

 

 <お客様情報>
59歳 女性
・ここ30年以上、CLのみで生活。

・CLの予備として、メガネを購入しようと訪れた眼科、眼鏡店で、「あなたに合うメガネは作れません」と言われ諦めていた。

・CLをはずすと歩くのも怖がられ、オートレフ測定ができませんでした。

続きを読む

これって「見えてる?」「見えてない?」・・・視力測定の判断基準についてのポイントとは!?

「この視標は見えますか」とお客様に尋ねました。お客様はどのように答えるでしょうか。

続きを読む

乱視度が潜伏したお客様事例

近視の過補正メガネの装用で乱視が潜伏したお客様事例を紹介します。

近視の過矯正は調節力が豊富な10~20歳代で注意が必要ですが、50歳あるいは60歳以上の年代でも時々見かけられます。

 

続きを読む

メイク用フレームに合わせるレンズ度数は?

 

 テレビ番組でメイク用フレームが紹介され、反響を呼んだことがあります。

そこで、今回はメイク用に快適なレンズ度数を考えてみましょう。

続きを読む

二焦点レンズの小玉の光学中心は何故ずれるのか?問題はないの!?

ニ焦点レンズの小玉の光学中心に印点を打ったことがありますか?小玉の幾何学中心にコロナが出ず、コロナをレンズメーターの中心に持っていこうとすると、小玉からはみ出でてしまったという経験はないでしょうか。

続きを読む

これぞ職人技!皆が聞きたいリムレス眼鏡のファセット加工

リムレス眼鏡、いわゆるふちなしメガネをよりキレイに、エレガントに見せることのできる「ファセット加工」。機械ではなく、人の手でこそキレイに仕上げることの出来る、究極の職人技の極意をご紹介します!

続きを読む

累進レンズの手元が見づらいとおっしゃるお客様への提案

 

「累進レンズは手元が見づらい。もっと見えるようにならないの?」
累進屈折力レンズ装用テストでのお客様の声です。声に出さないまでもこのように感じるお客様は多いのではないでしょうか。

累進メガネの限界を理解しつつも、お客様のご要望に応え不安を解消すべく考えてみましょう。

続きを読む

「夜に信号がダブって見える」とおっしゃるお客様の4つの要因と店舗での対応とは!?

 

「夜に信号がダブる」とおっしゃられるお客様がご来店されました。

昼間は問題ないそうです。どのような要因が考えられるでしょうか?

 

続きを読む

眼鏡業界向け【2月】セミナー開催 スケジュール

売上10%アップ!レンズ販売セミナー
売上10%アップ!レンズ販売セミナー

◎「遠近」「中近」「近々」という売り方はもう古い!?

遠近両用でもない、老眼鏡でもない、新しい見え心地のレンズが各メーカーから販売されるようになりました。どう販売していけばよいか、お悩みの店舗様も多いかと思います。
本セミナーでは、売上アップ・社員のスキルアップに繋がる「新しい累進レンズの提案方法」をお伝えします。
【記事提供元:株式会社FasT】

続きを読む

そり角の確認方法のコツとは!?

 

そり角(あおり角とも言います)とは、左右レンズの光軸に直交する面を上下方向から見た時に、左右の面がなす角度を言います。

 

続きを読む

弱度の近視性乱視眼のお客様対応

弱度の近視性乱視眼のお客様対応

 

<お客様情報>

 

夜間の運転にやや支障を感じるものの、メガネ購入について迷われていた。

 

続きを読む

お客様に「メガネの傾きを直すと疲れる」と言われたら・・・

 

メガネの傾きで生じる上下プリズム効果が影響した事例を紹介します。

 

続きを読む

累進メガネの左方向がぼやけるとおっしゃるお客様事例について

お店の担当者と協力して問題解決にあたった中から、事例を紹介します。
未測定、未記入箇所があり、データ不足がありますが、推測しながら対処
法を考えました。

 

続きを読む

不同視のお客様への累進レンズのお薦め

お客様の屈折状態に合わせた累進レンズのご提案

お客様の屈折状態に合わせた累進レンズのご提案を考えてみました。

不同視眼鏡の留意点は、「不等像視」と「周辺視でのプリズム作用の左右差」です。特に、遠近両用レンズでは近方視すると上下プリズムが発生します。

続きを読む

正視・遠視系のお客様への累進レンズのお薦めポイントを紹介します♪

お客様の屈折状態に合わせた累進レンズのご提案を考えてみました。

今回は、「正視」、「遠視」のお客様です。

続きを読む

必見!度数別・近視系のお客様への累進レンズのお薦めポイント

必見!度数別・近視系のお客様への累進レンズのお薦めポイント

お客様の屈折状態に合わせた累進レンズのご提案を考えてみました。

続きを読む

累進レンズの遠方がスッキリ見えないとおっしゃるお客様への提案

 

 

<遠方がスッキリ見えない2つの要素とは?>


1)フィッティングポイントから下方は徐々にプラス度数が入るため

  遠方がぼやける。

 

2)側方部に非点収差が生じる。

 

・・・などが挙げられます。

続きを読む

遠近は使いづらい!と諦めているお客様に向けて提案する6つのポイント

 

「揺れ・歪みに慣れず、累進レンズは使えないもの・・・と、諦めておられるお客様へ」
 メガネの掛け外しは煩わしいと思いつつ、累進メガネは使いづらいものと、諦めておられるお客様がおられます。 

 累進レンズの揺れ・歪みから、装用を躊躇されているお客様への提案で意識しておきたい6つのポイントをまとめてみました。

続きを読む

累進屈折力レンズに必要なフレームの最小天地幅について知っておくと便利なポイントとは!?

遠近累進メガネの適するフレームの最小天地幅を考えてみました。

続きを読む

オートレフ値と自覚的測定値に大差が見られるお客様事例について

オートレフ値と自覚的測定値

思春期から青年期にかけて近視や乱視の急激な進行が見られる「円錐角膜」について紹介したことがありますが、今回は進行が停止していると考えられる49歳のお客様事例を紹介します。

続きを読む

プリズムと像の位置について

プリズム

 

「レンズはプリズムの集合体である。」と言われます。プリズムを通して見たとき、像がどのようにずれて見えるかを紹介します。日頃のちょっとした疑問の解決に役立てば幸いです。

続きを読む

不同視遠近両用眼鏡の装用テストについて

 

遠近両用眼鏡の近方視で生じる上下プリズムの影響を確かめる方法を紹介します。

続きを読む

光学中心高が影響した不同視のお客様事例について

光学中心高が影響した不同視のお客様事例について

 

不同視眼鏡で生じるプリズム効果が影響した事例を紹介します。

続きを読む

複式アルバイトメガネの光学中心について

複式アルバイトメガネの光学中心について

 

複式アルバイトや2wayの前掛けタイプメガネの光学中心の設定方法を紹介します。

続きを読む

「遠近累進レンズの近々(中近)処方について」 -遠近累進レンズをデスクワーク用として提案したお客様事例-

遠近累進レンズの近々(中近)処方について」 -遠近累進レンズをデスクワーク用として提案したお客様事例

 

 

遠近累進レンズがパソコン、デスクワークに最適なメガネに変身します。

続きを読む

「ナビが見やすい運転用遠近両用メガネについて」

ナビが見やすい運転用遠近両用メガネについて

 

<事例報告>

近用度数をナビの距離に合わせた二重焦点メガネが最適でした。

 

<お客様のお声>

「ナビの地図が見やすい遠近両用メガネが欲しい」

「今の遠近(二重焦点レンズ)で手元は見えるが、ナビの距離が見えない」

続きを読む

「強度乱視のお客様事例について」

強度乱視のお客様事例について

 

強度乱視でしかもメガネが初めてのお客様事例を紹介します。

続きを読む

PD63mmのとき用いるテスト枠のサイズは?

 

視力測定の時のテスト枠に63mmのサイズがありません。

62mmと64mmのどちらでテストするのがよいでしょうか?

 
1・・62mmがよい。

2・・64mmがよい。 

3・・どちらでもよい。

続きを読む

「補正視力の比較方法について」

補正視力の比較方法について

 

ご使用眼鏡と作製眼鏡度数の補正視力の違いをお客様に比較いただくことがありますが、わずかな度数変化では、レンズ交換による視力向上効果がお客様に分かりづらくなります。お客様に分かりやすい比較体験の一方法を紹介します。

続きを読む

「遠視のお客様測定について」 -二色テストで調節を効果的に解除する方法-

二色テストで調節を効果的に解除する方法

 

遠視のお客様測定に、二色テストを活用して調節解除を試みた事例を紹介します。
若年の遠視のお客様は調節が介入しやすく、雲霧法、あるいは両眼雲霧法が基本ですが、測定に時間がかかります。

二色テストを組み合わせた効率的な手法を紹介します。

続きを読む

累進レンズの内寄せ量のオーダーについて

累進レンズの内寄せ量のオーダーについて

 

内寄せ量(インセット量)がオーダーできる累進屈折力レンズがあります。

 内寄せ量がオーダーできるタイプが有効なお客様についてまとめました。

続きを読む

「白内障と近視の進行」について

「白内障と近視の進行」について

核白内障が進行すると屈折状態は近視方向に推移します。その原因は、水晶体の屈折率が高くなるため目の屈折力が強くなるからです。

続きを読む

「タテ線とヨコ線の色が違って見えるのですが・・・」

「タテ線とヨコ線の色が違って見えるのですが・・・」

クロスシリンダーと十字視標(クロスグリッド)を用いた近用加入度数の測定で、「タテ線とヨコ線の色が違って見えるのはなぜか」との質問があります。今回は、「色が違って見えるナゾ」に迫ってみたいと思います。

続きを読む

「近用メガネで遠くを見ると遠視が進む!」って本当?

近用メガネで遠くを見ると遠視が進む!?

「手元用メガネなので遠くは見えません。また、遠くを見ると遠視が進みます。」

 何回か耳にしたことがある説明です。

 でも、なぜ?

本当に遠視が進むのでしょうか?

続きを読む

「新聞が読める」と喜んでいただけたお客様について

新聞が読めると喜んでいただけたお客様について

新聞を読むためには、視力0.5以上が必要と言われています。
矯正視力が(0.3)でありながら「メガネで新聞が読める」と喜んでいただいたお客様事例を紹介します。

続きを読む

「傾いて見える」とおっしゃるお客様事例について②

<近用メガネをご購入いただいたお客様より>
「文字はよく見えるのですが、新聞の上部を見ると傾いているようで、自分まで滑って行きそうになる。」

 

 

このような事例の場合の原因と対処法についてまとめてみました。

続きを読む

「傾いて見える」とおっしゃるお客様事例について①

傾いて見えるというお客様事例

<遠用メガネをご購入いただいたお客様より>
「よく見えるのですが、平地の道路が上り坂に見えます。」

 

このようなときに考えられる要因と、対処法をまとめてみました。

続きを読む

片眼4枚のテストレンズを必要とする累進装用テストについて

テストレンズが必要とする累進装用テスト

近視強度数の累進レンズの装用テストで4枚のテストレンズが必要となることがあります。 

ところが、多くの眼鏡店で使用しているテスト枠にセットできるテストレンズは3枚まで・・・??

さて、皆さんはどのように対応していますか?

続きを読む

円錐角膜と思われるお客様事例について

円錐角膜と思われるお客様事例について

思春期から青年期にかけて近視や乱視の急激な進行が見られるケースに「円錐角膜」があります。
単なる屈折異常と円錐角膜を見分ける測定のコツを紹介します。

続きを読む

「階段を降りるのが怖い」とおっしゃるお客様事例について

階段を降りるのが怖いとおっしゃるお客様事例

<お客様のお声>
 「新調した遠近両用メガネは階段を降りるときが怖い」

続きを読む

「視力の測定とその判定について」

視力の測定とその判定について

視力測定で正しいのは次のどちらでしょうか?
 A:「一生懸命に頑張って見ていただく」
 B:「ぼんやりと無理せず見ていただく」

続きを読む

近用眼鏡の作製PDはいくら?

近用眼鏡の作製PDはいくら?

近用眼鏡の作製PD(左右のレンズ光学中心間距離)の考え方が、お店によってまちまちのようです。
そこでmilumoでは、光学的な観点からのオススメとして、店頭でPDを決定する際のご参考となるように例を挙げます。

続きを読む

「理美容の仕事に適する遠近両用メガネ」について

理美容の仕事に適する遠近両用眼鏡について

理容、美容のお仕事と遠近両用メガネについて考えてみましょう。

続きを読む

「二焦点メガネを上下反転で作製した」お客様事例

二焦点メガネ

天井の配線工事をされるお客様に、遠近両用メガネを上下逆さにして作製しました。

<お客様のお声>
 「天井の電気配線作業用のメガネが欲しい」
 「老眼鏡は足下が見えず都合が悪いし、掛けはずしもできない」

続きを読む

「上目使いで見やすくなる」とおっしゃるお客様事例について

上目使いで見やすくなるメガネ

「上目使いで見やすい」「メガネを傾けると見やすい」とおっしゃるお客様がおられました。光学的な分析と併せてその対応を紹介します。

続きを読む

「目が疲れやすい」とおっしゃる不同視のお客様事例について

不同視

不同視のお客様対応について、実際のお客様事例をもとに対応のポイントを紹介します。

不同視のお客様対応」と併せてご覧下さい。

続きを読む

「左右眼で明るさや色が違う」のは?

左右眼で明るさが違う

左右の視界の明るさや色が違って見えるとおっしゃるお客様があります。どんな原因が考えられるでしょうか?

続きを読む

累進メガネの天地幅について

「遠近両用のフレームの大きさはどのくらいあればよいか?」

との疑問は販売員さんの永遠のテーマかと想像します。累進メガネに必要な天地幅については、様々な見解があります。
さらに、天地幅の浅いデザイン対応の累進レンズが次々と発売されています。今回は、累進メガネに必要な天地幅の考え方を紹介します。

 

続きを読む

二重焦点メガネの小玉高さの計測について

二重焦点メガネの小玉高さの測定に「加工用保護シール」を用いると便利です。

 

続きを読む
東海光学株式会社リラクサス