ナレッジボードの情報の活用につきましては、「ご利用規約」の内容を十分にご理解の上、

お役立ていただきますようお願い申し上げます。

3m視力表の落とし穴(測定距離でメガネ度数は変わる!)

3m視力表の落とし穴
3m視力表の落とし穴

メガネ店には広いお店もあれば、スペースが狭いお店もあります。そのようなときの、視力表の設定距離に注目してみました。

続きを読む

「レンズカラーの濃さが違う!?」-鏡に映るカラーの濃さについて-

総閲覧数: 12(2013年8月23日更新)

 

-出来上がりメガネを掛けて鏡をご覧になったお客様より-

「このメガネ、お願いしたカラーとレンズの濃さが違うのではないですか?」

・・・そんなとき、皆さんはお客様へどうお答えしますか?

続きを読む

深視力のお客様対応

店内に深視力計が設置され、お客様の深視力が確認ができることが望ましいのですが、それが不可能な場合やあるいは深視力計で測定したところ、合格基準(3回測定し平均誤差が2cm以内)に達しない場合の対応を紹介します。

続きを読む

不同視のお客様対応

左右の度数に大きな差のある場合、「不同視」の影響を考えながら度数を決定する必要があります。コンタクトレンズとメガネの度数矯正の影響が如実に現れる眼鏡の不同視への対応についてまとめました。

続きを読む

コンタクトレンズご使用のお客様の視力測定について

 

多くの方が眼鏡とコンタクトレンズ(CL)を併用しています。
CL装用者のCL装脱後の屈折及び視力の変化は、個人差が大きく、最適眼鏡度数の決定で悩むことがあります。お客様情報をより多くお伺いし対応することが大切ですが、そのようにして決定した度数でも安定した視力が得られる保証はありません。

なぜ度数や視力の変化があるのかを角膜の生理とCLの影響から、お客様にご説明させていただいた上で対応しましょう。場合によってはレンズ交換もあり得ることを前提とした対応が必要でしょう。

しかし、1回の測定で最適な度数決定ができれば、お客様にとってもお店にとっても良いことであり、その参考となる知識と測定方法について紹介します。

続きを読む

利き目の測定とその活用について

 

「目にも利き目があることを初めて知った」と、利き目の測定で、お客様にお喜びいただけることがあります。今回は、さらに利き目とメガネの合わせ方について考えてみましょう。

続きを読む

心因性視覚障害とメガネについて

 

今回は小・中学生に見られる心因性の視力低下について紹介します。

続きを読む

累進屈折力レンズのアイポイントの計測について

 

 

 

「累進レンズのアイポイントは瞳孔中心でよいか」

「瞳孔中心に合わせることが基本」

と言われながら

「2mm下げた方がよい」など様々な意見があるのが現状です。

もちろんお客様に合わせた微調整は必要ですが、その計測方法により、大きな誤差が発生することが見落とされているように思います。


今回は、計測方法の注意点について紹介します。

続きを読む

UVカットレンズにおける 太陽紫外線防御効果について

 

夏が近づいてくると、テレビ番組や雑誌などで紫外線に関する情報提供が多くなってきます。その内容は様々ですが、ここでは『眼と紫外線』に関する情報を まとめてみました。報道の仕方などで、お客様が勘違いされている事もありますので、専門家として正しい情報を理解し、メガネ、サングラスのアドバイスに役 立ててください。

続きを読む

片眼PDとアイポイント高さの左右差 と眼鏡作製について

 

「左右眼の瞳孔中心の位置がかなり違うとき、作製PDの設定はどうすればよいか?」

 今回は、下記のように左右眼のPDの違いやアイポイントの高さの違いがあるときの眼鏡作製について紹介します。


(例) RV:FPD36mm(0.9p×S-3.25D)Add+2.50D
    LV:FPD32mm(0.9p×S-2.50D)Add+2.50D

続きを読む

両眼雲霧法で測定したお客様事例

 

 

 

 

 

 

折測定を行なう上で大切なことは、調節の介入を避けることです。今回は、調節の影響が現れやすい若年のお客様で、オートレフラクトメーター値は近視を示しながら、実際には遠視眼鏡を作製した事例をご紹介します。

続きを読む

光学中心がずれたメガネをご使用のお客様事例

光学中心がずれるとプリズム効果が発生しますが、逆にプリズムメガネでは光学中心がずれたメガネとなります。レンズメーター測定時に見落としがないように気をつける必要があります。

続きを読む

「パソコン作業が疲れる」お客さま事例について

「パソコン作業が疲れる」とご来店いただく、30歳前後のお客様が増えています。最近のお客様事例から、お店でできる測定とメガネでの対応を紹介します。

続きを読む

二重焦点メガネの小玉高さの計測について

二重焦点メガネの小玉高さの測定に「加工用保護シール」を用いると便利です。

 

続きを読む

累進メガネの天地幅について

「遠近両用のフレームの大きさはどのくらいあればよいか?」

との疑問は販売員さんの永遠のテーマかと想像します。累進メガネに必要な天地幅については、様々な見解があります。
さらに、天地幅の浅いデザイン対応の累進レンズが次々と発売されています。今回は、累進メガネに必要な天地幅の考え方を紹介します。

 

続きを読む
東海光学株式会社リラクサス