2014年

5月

01日

メイク用フレームに合わせるレンズ度数は?

テレビ番組でメイク用フレームが紹介され、反響を呼んだことがあります。


そこで、今回はメイク用に快適なレンズ度数を考えてみましょう。

このページをはてなブックマークに追加


 

カガミを見ることはカガミを見ていない!?
カガミを見るという表現をしますが、実はそれはカガミを見ているのではなくて、カガミの中のものを見ているのです。


本当にカガミの面にピントを合わせると中に映っているものは、ぼやけてしまいます。(下図)
カガミを見てお化粧をしているときには、目の焦点は目とカガミの距離のちょうど倍の距離を見ていることになります。

 

 

メイク用メガネとして加入度数が必要な年齢は?
 例えばドレッサーに座ってカガミを見ている距離が40cm50cmとすると、前述のように見ている距離は80cm100cmになります。その距離を見るために必要な調節力は1.25D~1.00Dですので、具体的な年齢で考えると個人差はありますが、55歳位までは遠用度数のままで大丈夫ということになります。

 
 また、手カガミを見る場合には上述の距離よりも短く、20cm前後になりますので、同様に見ている距離は40cm前後となります。加入度数は視標を40cm前後にセットして測定します。この場合はおおよそ50歳を越える年齢からメイク用メガネが必要となります。
 ただし、遠視の弱補正の場合はもう少し若い年齢から加入度数が必要になるでしょう。

 

 

カガミが見えにくい場合の度数合わせは?
 カガミまでの距離の倍の距離を近用距離として、近用度数を測定します。

 

コンテンツ提供:WOC

【本コンテンツご利用の注意事項】

みるもナレッジボード内のすべてのコンテンツについては、本サイトの

利用規約を遵守した上でご利用ください。


メガネ用語集
知っておきたいメガネ用語集

アクセストップ5






[PR]